フォトアルバム

ブログ内検索

  • さがしものはなんですか?

-天気予報コム-

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

伊吹山 Feed

2013年5月21日 (火)

私をお山につれてって~伊吹山ハイク~

Photo
すみれが幼稚園からの帰り道、畦道を歩きながらぽつりと言いました。

またお山に行きたいなぁ。。

ねぇねぇお母さん、お父さんに言っておいてね。お山につれてってって。

。。。山男のお父さんがこの場に居たら涙もんに喜ぶでしょうね。くぅ~、嬉しいこと言ってくれるねぇってhappy02

すみれは上高地の旅がばっちり印象に残ってるらしく、ザックをしょって野生のお猿親子を間近で見たりお花をみつけたり虹に出会ったり、山歩きが楽しかった思い出になってます。

夫に話すと週末USJにでも行こうかという予定はもちろん急きょ変更。

即、山ルートを探り始めたお父さん。

Photo_2

すみれが行きたいタイミングを逃してはならぬと。

奈良周辺や花で有名なお寺など候補は出ましたが、浮上したのが、伊吹山。

滋賀県と岐阜県の境、ドライブウェイを使うと山頂付近まで行ける。

お花畑で有名な日本百名山。

少し遠出になりますが、早起きして張り切って行ってきました~。

すみれとおとうさん、お弁当よろしく~だって。はいはいcatface

 

私の今回の目的、高山植物ニリンソウのお花畑を愛でること。

満開でしたshine。思ってたよりも大きくしっかりした花弁でした。

Photo_3                                  

 

 

8時前に出発して渋滞にもあわず10時過ぎに山頂駐車場到着。

ここから頂上まで約1時間の伊吹山ハイクshoe

すみれのような子供やヤワな私にとってちょうどよいです。

貴重な高山植物の花道を散策しながら、のんびりヤッホーしに登り始めました。

 

 

 

Photo_5                                                            

 

 

 

たんぽぽも下界のよりも花が大きくガーベラみたいな迫力があります。

 

 

 

 

Photo_6

 

 

伊吹山5月の主役はニリンソウだけどスミレだって負けてないない。

そこかしこに群落が広がって辺り一面スミレ。

スミレに囲まれて、すみれのパワースポット参りにきた感じでした。

 

Photo_7                                                           

 

 

 

 

山野草の宝庫。

ヤマエンゴサク。

可憐な花。

 

 

 

 

Photo_8                                 

 

 

アマナ

 

 

Photo_12                                                        

 

 

コキンバイ

 

 

Photo_13
                                      

 

 

 

 

サンカヨウ

 

 

Photo_14
                                                     

 

 

 

まだまだ余裕のよっちゃんですbleah

木の枝でピノキオ~だって。

 

 

 

 

Photo_18                                        

 

 

伊吹山の登りルートはこんな山道。

高い木がないので見晴らしの良い草原地帯。

この日は、雲の多いお天気cloud

直射日光浴びない分、体力消耗しなくてよかったです。

 

 

 

 

Photo_19
そして、てっぺん!1377m。ガスってますcloud

下から登ってきたハイカーさんたちがすみれがいっちょ前な格好してたので下からかと思われ驚いてましたが、いえいえ車コースです、というとびっくりした~って言われました。coldsweats01

 

 

 

 

 

Photo_20

 

 

 

日本武尊の像が君臨してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_21                                        

風が冷たく肌寒い。

ヤッケを着てレイヤリング。

山小屋をバックに、頂上で一息つく。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_22
お弁当タイムriceball

 

 

 

 

 

 

Photo_23

 

 

 

 

 

 

Photo_24                                                              

 

 

 

 

 

 

 

shoeお気に入りの山の靴KEEN。

 

 

 

 

 

 

Photo_25

 

 

 

 

頂上付近のニリンソウお花畑。

Photo_26

 

 

ヤッホー、ヤッホーshoe

大きな声だすと気持ちイイねsign01

下りはごつごつした石灰石が露出した滑りやすいコース。

登山靴じゃない人はやめといた方がいいとの看板あるのに、私たちの後ろにはウェッジソールのハイヒールにショートパンツ姿のカップル。

案の定、下山後チラッと見たらソールがずたずたになってましたboutique。。

危険なのですみれはお父さんが担いで下山。paper

 

Photo_27

 

 

 

険しいものの登りよりも景色がよかった下山ルート。

ニリンソウの勢いもいいように思いました。

最後に歩む勇姿。

何で釣ったかというと。。。

 

 

Photo_28                               

 

お決まりのご褒美ご当地ソフトクリーム。

やっぱこれだねぇ。

でもアイスには寒い風typhoon

早々に、車で食べると言い放ち、退散しましたrvcardash

車中今日の感想を聞くと、おはながきれいだった。でも、くまもおさるさんいなかったねぇ。だって。

 

 

Photo_29
                                                               

 

山頂の売店で記念山バッチを。

いっぱい種類がある中で選んだのがすみれと一緒。

私は銀色、すみれは金色。

チロリアンハット カワイイぞheart04

お山が好き、山の子すみれ、次はどこいこ!?