フォトアルバム

ブログ内検索

  • さがしものはなんですか?

-天気予報コム-

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

お出かけ・旅 Feed

2015年6月26日 (金)

九谷焼の大皿

Photo我が家の食卓に上る頻度最多を更新中の使いやすい器。

九谷焼の直径30センチ位の大皿です。

うちは大皿に盛りつけて取り分けるスタイルが主。

ドッカとおかずを盛るのにちょうどいい。

からあげ、餃子、炒飯、炒めもの、素麺、パスタ、和風洋風オールマイティgood

ダイナミックな絵柄のチョウチョは私がリクエストして描いてもらいました。

私が惚れ込んだ作家さんとは。。。

                                                           

                                                        

Photo_2ハイ、

すみれさんです。

51は体験工房の整理番号。coldsweats01

昨年秋に能登半島~金沢旅行した際に、九谷焼陶芸村という伝統工芸を体験できる施設に行ってきました。

絵付けにチャレンジ。

Photo_3九谷焼といえば極彩色のカラフル絵付けですよね。

自称絵付け作家5歳、真剣です。

Photo_4すみれの絵をお皿に残したくって、存分に大皿キャンバスに描いてもらいました。

絵付け体験てだいたいマグカップや小皿が定番なんですが、大皿をチョイスできる工房を探したらこちらがヒットしました。

見栄えがするし、前述の通り我が家では大皿よく登場するのでrestaurant

Photo_5能登の海wave

まれで今注目の観光地ですよね。

晩秋に行った旅行記、ブログアップしてなかったんで時々整理しながら載っけていきます。

2014年12月21日 (日)

montbellフレンドフェア大阪

Photo

会場内に川が出現。

カヤック初体験。

親子で乗ってもいいのですが、一人で乗る!と意気込んで。

意外と堂々と落ち着いたオールさばき。

Photo_3インテックス大阪にて様々なアウトドアプチ体験ができるモンベルクラブ会員限定

フレンドフェア大阪に行ってきました。

Photo_4亀に触らせてもらったり、

Photo_5流行のテープの綱渡り 

スラックラインに挑戦sign01

Photo_6ロッククライミングはモンベル岩を一周します。

Photo_7お尻をプッシュ。

しがみつく~

Photo_8スタッフさんが面倒みてくれます。

登ったどーfuji

Photo_9そして、最難関?ツリーイング。

一本のロープで天井まで綱登りします。

この日のすみれは何でもやりたいやってみたいのとても積極的少女でした。

怖いからやりたくないとかいうのかなぁと思ってましたが、微塵もなくガンガンに制覇してました。

Photo_10お兄さんのレクチャーをよく聞き、すぐに呑み込み手順通り登ってゆく。

少しずつ視野が高くなってきた。

隣のお父さん苦戦してる。。

Photo_11ロープ使いに慣れてきて余裕を見せる二人。

一生懸命一人でやりぬく力。

達成感に満ちた娘の姿。

見守りながら、母は娘のたくましい成長にじーんとしました。

confidentいつのまにやらこんなこともできるようになって。

Photo_12間伐材や木の実で作った自由作品。

ねこcat

Montbell昨年作ったのは兎。

前回より意欲的に参加したモンベルフレンドフェア。

おかげですみれのアウトドアへの興味が沸いたみたいです。

来春からはいよいよキャンプ始動かなhorse

2014年9月20日 (土)

思い立って鳥羽へ

Toba10

9月の3連休。連日いいお天気でしたsun

思い立って鳥羽へ日帰りの旅にでかけました。急だったので手頃な宿がとれなかったのが残念。。。

鳥羽水族館fishは、私も夫も小さい頃連れて行ってもらった記憶がある思い出の地。

行ってみたら思い出すのか、全然変わってしまってるのか。

日曜日、すみれがワクワクしすぎて朝5時半に起床してくれたのが、三文の徳のはじまり。

6時半に奈良を出発して9時に到着しました~。スイスイ~。

Toba5

9時開館で、ぞくぞくお客さんがきてました。

今日は最高に混みそうです。

Tobapiscesfishscorpius

Toba2camera

Toba7

Toba8キューピーちゃん落とさず絶妙なバランスでずっと鼻にのっけてた。

Toba6セイウチショー(笑ー)が、特に面白かったです。

お兄さんお姉さんの絶妙な掛け合いがコントのようで、関西弁がよかったです。

しっかりタッチする時間も終了後あって、サービス満点。

Toba3

オープンすぐに入館してさくさくまわり、アシカショー、セイウチショー、ペンギンのお散歩、アシカトレーニングショーを堪能しました。

お昼から館内はごった返してましたが、うまいことすり抜けるように観覧できました。

そして、私も夫も増床はしてるでしょうが基本変わってない鳥羽水族館の記憶を思いおこすことはなかったです。

昔、魚が泳ぐ水槽の中にいるかのように撮ってもらえた家族写真が今でも手元にあり、私は大きなモンチッチを抱えて写っていました。

Toba4お昼ご飯、メガ盛りで有名な喫茶店に行ってきました。

キッチン たかま。

海老フライ定食1200円。下にはケチャップスパゲティが敷かれてるとはいえ、大海老が5尾ものっかってました。このあたりの海老フライは開いて揚げるのが普通だそうで。

大好物&大食漢な私なんで、余裕でたいらげました。満腹delicious満足!

すみれと分けわけしましたが。

Toba9潮の音聞こえる~wave

少し時間があったんで、二見浦へ寄り道しました。

レトロな昔ながらのお土産屋さんですみれは貝殻を一つ選びました。

見事な巻貝。

Toba13輿玉神社をお参り。

夫婦岩。

Toba_2鳥羽湾の貝。

すみれとお父さんは夢中になって貝拾い。

Toba16

普段から棒好きなすみれ。

流木でずっと遊んでました。持ち帰りはお断りしました。

Toba12

神社でみつけたすみれが描かれたお守り。

買わずにいられませんね。coldsweats01

子供用パールネックレスは、水族館のお隣のパールタウンで。

一応不揃いながらも真珠です。

この日のパープルな装いにピッタリでしたt-shirt

Toba11_2

最後に鳥羽一番街をブラブラ。

真珠店が並ぶ中、夫が急に何か欲しいのがあれば選べば?

と。smileいいの?あっ結婚記念日12周年ということで?と聞くと、

えっそれはすっかり忘れてた。だと。

欲しかったベビーパールのロングネックレス。

いいデザインのものみつけました。

これならさらりと一連でつけれるでしょ。肩こりなんで軽いのがいいです。

2013年11月19日 (火)

六甲山牧場

Photo_13

horsehorsehorse

Photo_14

来年の年賀状候補?!bleah

Photo_18

すみれと はじめて六甲山牧場へtaurusariescapricornuspighorse

いつもは伊賀のモクモクファームなところ

、何度もリピートするうちに私はそろそろ飽きてきた。。

だから初めてな所にお母さんは行きたかったのだ。

神戸方面はいつも道が混んでるのにこの日は神戸マラソンで敬遠したのか、

逆にスイスイで渋滞なく10時過ぎに到着。

モンベルカード提示で入園料1割引きだったのも意外な嬉しさ。

Photo_3

羊の糞と鹿のは似てる。。coldsweats01

Photo_17

紅葉は黄色

空は穏やか

風はちめたい。

Photo_6

見晴らしがよくって思わずすみれも叫ぶ。ヤッホー

Photo_7

ミルク缶と。

Photo_8

カマンベールチーズ入りdelicious

Photo_9

ariescloveraries

Photo_5

動物たちとたわむれる。

奈良の鹿よりおとなしい羊さんたち。

ふわふわ羊毛。

触ると気持ちいいね。

Photo_10

牧羊犬による羊追いショーをみたり、

遊具で遊んだり。

晩秋の休日をのんびり過ごす。

Photo_11

サイロ。

Photo_12

何故か置いてあったプリッツ。

Photo_15

今日のお供はフォッコ。

Photo_16

グラデーションな紅葉色が綺麗でした。maple

2013年6月27日 (木)

天王寺動物園

Photo_7

がたいの良い白雪姫がくるくる踊るノスタルジックな時計台に迎えられて、天王寺公園散策スタートです。

お父さんのいる休日は動物園や水族館をローテーション。今日は久しぶりの天王寺動物園。

何度も来てますが、成長とともに毎度反応が違うのですみれの様子をみるのも面白いです。

4歳になって、おしゃべりも達者ですから私たちと話しながら廻るペースもイイ感じ。

幾分落ち着きと聞き分けができてきたので追いかけ回したりがなくなって親も楽になってきました。

ただ、アンパンマンや汽車ポッポの遊具ゲームコーナーはどこにでも存在し、動物そっちのけでそちらに行きたがるのにはとほほでしたが。 

 

Photo_9                                                             

 

 

サバンナをぬけると象エリア。

 

 

 

 

 

 

Photo_4

 

 

いつもはおしりばかり向けていた象さん、この日はご機嫌麗しくのっしのっしサービスショット撮らしてくれました。

 

 

 

 

Photo_5                                           

 

 

 

向こうの方にぞうさんと。

今日のすみれは避暑にきたお譲様風コーデ。

真っ白なカーディガンが気に入って、後半暑いのに脱ぐのを拒否してました。

ファミリアのポシェットにはおやつとハンカチが入ってます。

 

 

 

 

 

Photo_6                                                        

 

 

 

 

 

子象にのった少女。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_10                                      

 

 

途中の密林地帯でおなかすいたーって。

お母さんはジメジメしててここは嫌だったのですが仕方なくお弁当広げましたdeliciousriceball

やっぱり蚊に刺されまくりました。。。shock

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_11                                                          

 

今回、すみれの一番の笑顔がでたのがこのふれあいエリア。

羊と山羊にエサやり体験ができます。

食欲旺盛な羊さんにすみれのちいさな手からえさを食べてもらいます。

ペロペロなめられてくすぐったくて。happy01

Photo_12                                   

 

 

笑いが止まらない。

いや~たのしいたのしい。

 

 

 

 

Photo_17                                      

 

 

 

 

 

ほら、お父さんもあげてみぃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_18                                     

 

 

 

面白顔をいろいろやってくれました。

こんなおチャラけキャラすみれ。

幼稚園でもチャラチャラしてお友達を笑わせてるみたいです。

 

 

 

 

Photo_19

 

 

 

 

eye

 

 

Photo_20                                    

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとこ…

 

 

 

 

Photo_21                                                        

 

 

天王寺公園をあとにして、ハルカス寄ろうかと思いましたがキューズモールにしときました。

こちらのほうがファミリー向けモールですから。

甘味屋さんではじめてのかき氷。

苺みるくクリーム白玉氷。

用意された小皿は使わず、ガシガシ氷の山を切り崩していく怪獣スミレ。

お父さんと半分このつもりがお父さんは白玉とジュースになった苺ミルクをすすってましたsmile

 

 

2013年5月21日 (火)

私をお山につれてって~伊吹山ハイク~

Photo
すみれが幼稚園からの帰り道、畦道を歩きながらぽつりと言いました。

またお山に行きたいなぁ。。

ねぇねぇお母さん、お父さんに言っておいてね。お山につれてってって。

。。。山男のお父さんがこの場に居たら涙もんに喜ぶでしょうね。くぅ~、嬉しいこと言ってくれるねぇってhappy02

すみれは上高地の旅がばっちり印象に残ってるらしく、ザックをしょって野生のお猿親子を間近で見たりお花をみつけたり虹に出会ったり、山歩きが楽しかった思い出になってます。

夫に話すと週末USJにでも行こうかという予定はもちろん急きょ変更。

即、山ルートを探り始めたお父さん。

Photo_2

すみれが行きたいタイミングを逃してはならぬと。

奈良周辺や花で有名なお寺など候補は出ましたが、浮上したのが、伊吹山。

滋賀県と岐阜県の境、ドライブウェイを使うと山頂付近まで行ける。

お花畑で有名な日本百名山。

少し遠出になりますが、早起きして張り切って行ってきました~。

すみれとおとうさん、お弁当よろしく~だって。はいはいcatface

 

私の今回の目的、高山植物ニリンソウのお花畑を愛でること。

満開でしたshine。思ってたよりも大きくしっかりした花弁でした。

Photo_3                                  

 

 

8時前に出発して渋滞にもあわず10時過ぎに山頂駐車場到着。

ここから頂上まで約1時間の伊吹山ハイクshoe

すみれのような子供やヤワな私にとってちょうどよいです。

貴重な高山植物の花道を散策しながら、のんびりヤッホーしに登り始めました。

 

 

 

Photo_5                                                            

 

 

 

たんぽぽも下界のよりも花が大きくガーベラみたいな迫力があります。

 

 

 

 

Photo_6

 

 

伊吹山5月の主役はニリンソウだけどスミレだって負けてないない。

そこかしこに群落が広がって辺り一面スミレ。

スミレに囲まれて、すみれのパワースポット参りにきた感じでした。

 

Photo_7                                                           

 

 

 

 

山野草の宝庫。

ヤマエンゴサク。

可憐な花。

 

 

 

 

Photo_8                                 

 

 

アマナ

 

 

Photo_12                                                        

 

 

コキンバイ

 

 

Photo_13
                                      

 

 

 

 

サンカヨウ

 

 

Photo_14
                                                     

 

 

 

まだまだ余裕のよっちゃんですbleah

木の枝でピノキオ~だって。

 

 

 

 

Photo_18                                        

 

 

伊吹山の登りルートはこんな山道。

高い木がないので見晴らしの良い草原地帯。

この日は、雲の多いお天気cloud

直射日光浴びない分、体力消耗しなくてよかったです。

 

 

 

 

Photo_19
そして、てっぺん!1377m。ガスってますcloud

下から登ってきたハイカーさんたちがすみれがいっちょ前な格好してたので下からかと思われ驚いてましたが、いえいえ車コースです、というとびっくりした~って言われました。coldsweats01

 

 

 

 

 

Photo_20

 

 

 

日本武尊の像が君臨してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_21                                        

風が冷たく肌寒い。

ヤッケを着てレイヤリング。

山小屋をバックに、頂上で一息つく。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_22
お弁当タイムriceball

 

 

 

 

 

 

Photo_23

 

 

 

 

 

 

Photo_24                                                              

 

 

 

 

 

 

 

shoeお気に入りの山の靴KEEN。

 

 

 

 

 

 

Photo_25

 

 

 

 

頂上付近のニリンソウお花畑。

Photo_26

 

 

ヤッホー、ヤッホーshoe

大きな声だすと気持ちイイねsign01

下りはごつごつした石灰石が露出した滑りやすいコース。

登山靴じゃない人はやめといた方がいいとの看板あるのに、私たちの後ろにはウェッジソールのハイヒールにショートパンツ姿のカップル。

案の定、下山後チラッと見たらソールがずたずたになってましたboutique。。

危険なのですみれはお父さんが担いで下山。paper

 

Photo_27

 

 

 

険しいものの登りよりも景色がよかった下山ルート。

ニリンソウの勢いもいいように思いました。

最後に歩む勇姿。

何で釣ったかというと。。。

 

 

Photo_28                               

 

お決まりのご褒美ご当地ソフトクリーム。

やっぱこれだねぇ。

でもアイスには寒い風typhoon

早々に、車で食べると言い放ち、退散しましたrvcardash

車中今日の感想を聞くと、おはながきれいだった。でも、くまもおさるさんいなかったねぇ。だって。

 

 

Photo_29
                                                               

 

山頂の売店で記念山バッチを。

いっぱい種類がある中で選んだのがすみれと一緒。

私は銀色、すみれは金色。

チロリアンハット カワイイぞheart04

お山が好き、山の子すみれ、次はどこいこ!?

 

 

2011年7月22日 (金)

島旅③

Photo_25 Photo_26どうも海水浴を楽しむまではまだまだ先のようで。。。

水着姿に水泳帽と張りきったものの、

やっぱり怖いかなwave、かたまってるすみれ。

お父さんに抱かれてやっと海につかることができました。ブツブツ文句言ってたそうですがcoldsweats01

                                                          

                                                         

Photo_5                                                            

                                                              

Photo_27                                                

                                          

                                        

                                          

                                       

                                       

                                         

                                        

                                        

                                            

                                         

                                         

よっぽど海で疲れたのか帰りのサービスエリアでのごはんにがっつくすみれ。

玉ねぎラーメンおいしかったねぇ。甘いスープはすみれ好みdelicious

                                                          

Photo_6 ***島のおみやげ***                                               

Photo                                   

                                

                                      

                                                          

すみれと拾った海辺の石ころ。

ひとつ、なめらかなシーグラスみつけましたshine

たまねぎスープはおみやげ一位のcrown

                                                         

Photo_3                                                

Photo_2あわじオレンジスティック

鳴門オレンジの砂糖漬けにベルギーチョコレートが絶妙です。ほろ苦い味わいうんまいlovely

                                              

そして、淡路島といえば瓦の焼き物。だそうで、海岸のあちこちに瓦オブジェがありました。

津井という地区にはたくさんの窯元があります。

ホテルのショップで出会った瓦材を使った焼き物に興味をもった私は、近くにギャラリーがあると教えてもらい、旅の帰りに立ち寄りましたrvcar

あわじ焼 かわら工房へdoor

そちらで一枚紫陽花のコースターを選びました。しぶいなぁって夫の感想japanesetea

この夏の思い出に。もし次の機会があったらまた別の花一枚と増やしていきたいな。

いつかすみれと焼き物の体験もしたいですね。も少し大きくなったらのお楽しみにとっておきましょう。

我が家の夏休み、ひと足お先にメインは終了しましたrestaurant

2011年7月20日 (水)

島旅②

Photo_15 Photo_16                                          

本日のお宿は、我が家にしたらセレブセレクトですhappy02

                                             

おすすめと教えていただいた                                          

サンセットビューホテル けひの海。

一つしかない和室にすると、露店風呂bottleがついてましたshinemoon3

モダンなインテリアであります。

新婚旅行以来のゆとりある広さと贅沢なしつらいに、身分不相応かなって夫と苦笑い。

別荘気分でプチ贅沢を愉しんできましたよ。

Photo_19  

Photo_17着いたしりからすみれは爆睡sleepy

その隙におかげで昼間からゆったりと大浴場へ。

温泉を独り占め。私ひとりでしたspa

                                              

Photo_18                                             

ルームウェアは北欧マリメッコ風のワンピース。7分パンツつき。

2色から選べます。私はどっちにすっか迷ったけど黒着用。

食事もお散歩もこれ着たままでok!

お洒落で楽ちんで気に入りました。                                             

                                             

                                                        

Photo_20 Photo_21                                             

さて、夫とすみれもひとっ風呂あびて、

ディナーにrestaurant

無謀にもすみれと初めてコース料理です。

予想通り、静かなレストランを動き回るすみれに手こずりましたが、この日は平日でemptyいていたのが救いでしたcoldsweats01

                                                         

Photo_22

どれも淡路島の食材を満喫できるメニューで優しい味付け。

デザートの台湾風ライチアイスクリームが新食感でした。

コース料理は時間がかかります。

食事に2時間あっという間でしたが、ウロウロすみれに少々疲れが。

夕陽のよく見えるレストランでしたが、すみれに気を取られててサンセット見逃しましたですgawk

Photo_23 Photo_24                                              

海ほたるってご存知ですか?

甲殻類の一種なんですが、

ここのホテルは夜海岸に案内してくれる海ほたるツアーがついてます。

楽しみにしていたこの夜の散歩。

ランタン持ちながらホテル前のビーチに近寄ると、ホテルの方が仕掛けておいた瓶をあけて砂浜一面にまきました。

青い光を煌々と放つ海ほたる。幻想的でした。

波が寄せるたびにキラキラshine天の川のように瞬いてました。

2011年4月 5日 (火)

旅のおわり。

Photo_7 妹宅で過ごした旅の後半。

3月11日午後3時の一コマ。

テレビは報道番組にすべて切り替わった。

事の甚大さを知り愕然。

。。。。。。。。。。。。。。

しばらく余震が何度か続き、都内は交通麻痺。

妹の旦那さんは翌朝帰宅になりました。

Photo_8                                        

しいろいスウィートホーム。

こだわりがいっぱい詰まったかわいいおうちです。

明るく楽しいインテリアが伝わってくる感じ。

すみれを待っててくれた兄妹がずーっと相手してくれました。

                                         

  おもちゃに囲まれてすみれも大興奮!                                         

Photo_9

                                                           

大事なお人形りかちゃんやバービーを見せてくれたり、いろんなおもちゃをだしてくれて優しくすみれに話しかける姪っ子ちゃん。

すみれも興味津々。

おねえちゃんのすることをじーっと見ています。

                                                               

                                                          

                                                         

                                                           

                                                                                                                  

すみれは嬉しくてずっとふたりにくっついてました。

                                         

                                          

                                         

                                                          

Photo Photo_2                                                          

                                                           

                                                          

       おいしいね。restaurant                                                      

                                                               

                                                             

                                                             

 

                                                                

                                                                                                                      

Photo_15

                                         

夜はまくら投げならぬお布団投げできゃーきゃーほたえてました。まるで修学旅行の夜。

お兄ちゃん上半身裸。。。coldsweats01

                                                          

                                                                                                                                                                                     

Photo_16 

旅の終わりの日の朝。

時間を惜しむように散歩したりなわとびしたり。

                                                           

                                                                

                                                           

Photo_3 ありがとね。バイバイまたねpaper

居心地のよいおうちでゆっくり過ごさせてもらいました。

旅の思い出loveletterいっぱい携えて、びおら一家は無事帰路に着くbullettraindash

2011年4月 3日 (日)

東京らしいお店へ

Photo Photo_2

日本橋にある高級applehappy02フルーツパーラー千疋屋bananaでランチする。

夫はフルーティなカリー、すみれはバナナジュースにフルーツサンドcake

900円くらいのバナナジュースがお手頃に感じてしまう超高級フルーツメニュー。

とびっきり美味しいですが、セレブなお値段でございます。

フルーツサンド好きな私の履歴に新たなページが加わりました。

満足ですlovely。たくさんの種類のフルーツが贅沢な美しさ、完璧なフルーツサンドイッチでした。

すみれもええとこのお譲ちゃんを装って、短い時間でしたが粗相なく、粗相が起きる前に退散し、下のフルーツショップで妹への手土産買って次に向かいました。

Photo_4 私が予定に入れた2軒目ショップ。

CHUMS表参道店。

フラッグシップショップはここにだけmotorsports

どっさりチヤムスを目の前に、欲しいアイテムがみつかって嬉し。

ショッピングを楽しみましたhappy01。スタッフさんもいい感じ。

その時間ずっと深い眠りについていたすみれsleepy

チヤムスをでたのが1時半前。

この後どうする?近くに白山陶器のショップがあるけど?

夫が聞いてきた。

う~ん、すみれを連れて陶器のお店はちと怖いかな。

じゃ、東京タワー行く?

う~ん、ぐっすり眠ってるすみれを連れてくのも大変だしまたの機会にして、ちょっと早いけど妹んちへ向かおうか。

いつもなら夫のお誘いにはだいたいついていく私でしたが、この時は何故か2度も断って予定キャンセル。

横浜に住む妹に電話しました。

ほんとなら夕方に行くわって告げてたこの日。

少し早いけどそっちに行くわ。

あの時間の寸前watch

私たちはのどかに昼下がり住宅街を走る電車trainに揺られながら、ぼんやり車窓を眺めてました。

バス停に待ち構えててくれた妹と姪っ子ちゃん。

再会をニコニコ笑顔で交わして喜び合う。

妹家族の新居に到着。まぁお茶japaneseteaでもって妹が用意してくれてる時に起こりました。

大地震。。。。。震度5強。

。。。。。。。。。。。。。。

Photo_5 Photo_2                                             

CHUMSでお買い物したもの。

すみれにリュック。

チヤムスといえば上質スウェット生地。

パキっとしたボーダーがお子ちゃまにはとってもキュートですt-shirt

                                                              

Photo_6 私のお目当てはスナップカーデ。

キレイ色のピンクを第一希望ってました。

サイズがあってよかったー。なかなか品薄なのです

手持ちのチヤムスボーダースカートともバッチシっす。

私が嬉しそうに試着してる横で、夫が、それ便利そうやなってご自分用にオリーブ色手に取ってました。

お揃いって~coldsweats01。まぁいいか、全然違う雰囲気やし。

家族でちょっとだけチャムラーかじってます。

今大好きな着心地です。